水道水を使うウォーターサーバーが最近よく利用されています。

水道直結型ウォーターサーバーとも呼ばれていますね。

天然水を使うタイプと違って、水道水を飲むことに抵抗がある方もいるようです。

しかし、水道水を逆浸透膜でRO水にろ過できるウォーターサーバーなら、安心して利用することができます。

今回は、「水道水を使うウォーターサーバーの選び方」と「水道水を使うウォーターサーバーおすすめランキング」をお話していきますね。

水道水を使うウォーターサーバーの選び方

水道水を逆浸透膜でRO水にろ過できるウォーターサーバーを選ぶ

水道水を使う水道水直結型のウォーターサーバーのメリット・デメリットについて、いろいろなサイトで掲載されています。

ここで一番大事なことは、

  • 「水道水を逆浸透膜でRO水にろ過できるウォーターサーバー」

 
を選ぶということです。

水道水を毎日飲むのはちょっと抵抗がありますよね。

しかし水道水でも、逆浸透膜でRO水にろ過していれば安心して飲むことができます。

簡単に逆浸透膜について説明しておきますね。

逆浸透膜とは

逆浸透膜とは、水をろ過する膜(超微細孔のフィルター)のことです。

英語で言うと、RO膜とも呼ばれています。

この逆浸透膜でろ過された水を「RO水」といいます。

RO水のすごいところは、水の中の不純物を限りなく除去した純粋に近い水であるということです。

例えば、汚い池の水などもこの逆浸透膜でろ過すれば、問題なく飲める「純粋に近い水」になってしまいます。

もちろん、ウイルスや雑菌、放射性ヨウ素やセシウムなどの放射性物質、水道水に含まれるトリハロメタンなど様々な物質をろ過する優れものです。

実は水道水を使うウォーターサーバーには、この逆浸透膜でろ過されるタイプのものがあります。

この水道水を逆浸透膜でRO水にろ過できるウォーターサーバーなら、水道水であっても毎日飲むことに全く問題はありません。

むしろどんどん飲んでほしいぐらいです。

このように、水道水を使うウォーターサーバーを選ぶときには、

  • 「水道水を逆浸透膜でRO水にろ過できるウォーターサーバー」

 
を選びましょう。

水道水を使うウォーターサーバーをおすすめしない理由は本当?

ネットを見てみると、「水道水を使うウォーターサーバーをおすすめしない理由」が掲載されているサイトがあります。

このおすすめしない理由は本当なのでしょうか。

よくあるおすすめしない理由には、

  • 水道水は安全性に問題がある
  • 設置場所が限られてしまう
  • 初期工事が高額になってしまう
  • ホースの中に雑菌が繁殖する可能性がある
  • 契約期間が長いケースがある

 
などがあります。一つずつ見ていきましょう。

水道水は安全性に問題がある

逆浸透膜は、ウイルスや雑菌、放射性ヨウ素やセシウムなどの放射性物質、水道水に含まれるトリハロメタンなど様々な物質をほぼ完全にろ過します。

濾過されて出来上がった水は、ほぼ純粋に近い水です。

水道水を逆浸透膜でRO水にろ過できるウォーターサーバーなら、安全性に問題はありませんね。

設置場所が限られてしまう

設置場所については、一般のウォーターサーバーよりも自由度は低いです。

台所の水道から分岐して接続するので、基本的には台所に設置することになりますね。

台所以外の場所に設置したいときは、普通のウォーターサーバーのほうが便利かもしれません。

ただ、水道から離れた場所でも設置することができないこともないので、それほどマイナスポイントにはならないでしょうか。

初期工事が高額になってしまう

水道水直結型のウォーターサーバーは、工事料金などの初期費用が必要なことがあります。

ただ、初期費用無料キャンペーンを実施している会社もありますので、キャンペーンをうまく利用すれば問題は回避できそうです。

ホースの中に雑菌が繁殖する可能性がある

確かにホースに雑菌が溜まる可能性はありますね。

ただ、水道水を逆浸透膜でRO水にろ過できるウォーターサーバーなら安心です。

逆浸透膜は、ウイルスや雑菌ならほぼ完全に除去できます。

逆にこの点については、全く心配ないと言えるでしょう。

ちなみに、ウォーターサーバー内部の自動クリーニング機能が搭載されている機種もあります。

そのようなウォーターサーバーならさらに安心ですね。

契約期間が長いケースがある

契約期間については、携帯電話のように2年縛りや3年縛りの契約になっている会社が多いです。

ただこれは一般のウォーターサーバーでもほとんど同じですよね。

基本的にウォーターサーバーの世界では、長く使ってもらうことで利益を確保しているのですね。

ウォーターサーバーを利用するなら、2年縛りや3年縛りは仕方がないと考えたほうがいいでしょう。

水道水を逆浸透膜でRO水にろ過できるウォーターサーバーならデメリットは少ない

以上のように、水道水を逆浸透膜でRO水にろ過できるウォーターサーバーならデメリットは少ないです。

「おすすめしない理由」は、ほとんどが問題がないものといえます。

確かに逆浸透膜を使っていない水道直結型のウォーターサーバーは、私自身もあまりお勧めできません。

逆に言うと、逆浸透膜というものはそれほど安全性の高いものなのですね。

水道水を逆浸透膜でRO水にろ過できるウォーターサーバーなら、自信を持って安全性が高いと言えます。

ただ、必ず逆浸透膜でろ過しているウォーターサーバーを利用してください。

逆浸透膜でないと、ほぼ完全なろ過はできないので注意が必要です。

水道水を使うウォーターサーバーのおすすめランキング

今のところ、水道水を逆浸透膜でRO水にろ過できるウォーターサーバーは、私の知る限り3種類あります。

その中でも私が一番いいと感じているのが「クールクー(CoolQoo)」です。

クールクーのいいところは、

  • 月額4200円でRO水ウォーターサーバが使い放題
  • RO水なので不純物がほぼない安全な水が飲める
  • 年1回無料でカートリッジの交換をしてもらえる
  • 面倒くさい水の交換作業が不要
  • 毎月の水の宅配がないのでとても楽々
  • 今なら初回工事費18000円が無料キャンペーン中!

 
などがありますね。

逆によくないところは、

  • 3年以内に解約した場合、解約手数料20,000円(税別)が必要になる
  • 解約したときに撤去費用が18,000円(税別)必要になる

 
というように、解約時に費用が必要になってしまうことです。

解約手数料は3年間使用すれば、支払う必要はありません。

3年1か月目からは、解約手数料なしで辞めることが可能です。

ただ、18,000円撤去費用は必ず必要となってしまいます。

18,000円を3年間で分割すると、月500円ですよね。

そう考えると、「クールクー」は4200円+500円の月額4700円のレンタル料金と考えることができます。

月額4700円でRO水が飲み放題ならば、一般のボトルタイプのウォーターサーバーと比較しても、とても安い価格設定となります。

飲料にも料理にもRO水をたくさん使いたいという方は、「クールクー(CoolQoo)」のほうがお得になるのですね。

ROろ過ウォーターサーバー「CoolQoo」クールクーについて詳しくはこちら

おすすめウォーターサーバー人気ランキング

  1. フレシャス

    デザインで選ぶならフレシャスウォーターサーバー!
    ウォーターサーバーで初めてのグッドデザイン賞受賞!
    お水は交換ラクラクな軽量使い捨てパック or 下置きボトル式
    省エネ機能搭載で、電気代を最大70%カット。クリーニング機能も搭載!
    デュオミニには業界初の「UV-LED」殺菌機能搭載で、衛生面も安心

  2. コスモウォーター

    CMでも有名なコスモウォーターのウォーターサーバー!
    2017年度のグッドデザイン賞を受賞!
    下置きタイプなので、水の交換がらくらくできます。
    初期費用・送料・サーバーレンタル料が無料!毎月かかるのは飲んだお水代だけ。

  3. アクアクララ

    CMでも有名なアクアクララ!無料お試しもできます。
    UV除菌と省エネ機能を備えた高機能ウォーターサーバー!
    「購入ノルマ」がないので、お水の利用が少なくてもOK!
    故障時や緊急時も専門スタッフ「アクアクララポーター」が対応!