「天然水とミネラルウォーターの違いは何なの?」

水道水やRO水と天然水が違うということはわかりますが、天然水とミネラルウォーターはどのような違いがあるのでしょうか。

天然水といえば、何となくですが言葉の通り天然の水(自然に湧き出てきている水)というイメージがあります。

ミネラルウォーターといえば、こちらも言葉の通りにミネラルが入っている水というイメージがあります。

私自身も両者の違いをあまり深く考えたことがなかったので、「天然水」と「ミネラルウォーター」の違いがいまいち理解できていませんでした。

「天然水」と「ミネラルウォーター」の違いを調べてみましたので、ご覧ください。

天然水とは

まず「天然水」の定義はどのように決められているのでしょうか?

???はっきりと定義がないようです・・・。

後に述べる「ミネラルウォーター」については国(農林水産省)によってその定義が決められているのですが、驚いたことに「天然水」については国によってその定義が決められていないようです。

はっきりした定義はないのですが、世間一般では、農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」で定義されているところの「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」を天然水と呼んでいるようです。(あやふやなことですいません)

それではこの農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」とはどのようなものなのでしょうか。

ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン

農林水産省は、平成2年3月30日に「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」というものを出しました。

ミネラルウォーター類とは、地下水等のうち飲用適の水(カルシウム、マグネシウム等(硬度)及びpH値を除き、水道法第4条に適合する水をいう)を容器に詰めたもの(炭酸飲料の日本農林規格に規定する炭酸飲料を除く)を指します。

そしてそのミネラルウォーター類は、「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」「ミネラルウォーター」「ボトルドウォーター」の4つに分類されることと決められています。

ナチュラルウォーターとは

ナチュラルウォーターとは、特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないものとされています。

例えば、富士山麓のある特定の地点で採水をして、加熱殺菌だけをした水は「ナチュラルウォーター」ということになりますね。

ナチュラルミネラルウォーターとは

ナチュラルミネラルウォーターとは、ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水(天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む)をいう。)を原水としたものとされています。

例えば、富士山麓のある特定の地点で鉱化された地下水を採水して、加熱殺菌だけをした水は「ナチュラルミネラルウォーター」ということになりますね。

ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターとは、ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のためにミネラルの調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等が行われているものとされています。

例えば、富士山麓と箱根山麓の2か所で採水してそれを混合して、加熱殺菌をした水は「ミネラルウオーター」ということになりますね。また、富士山麓のある特定の地点で採水して、オゾン殺菌やUV殺菌をした水も「ミネラルウォーター」ということになりますね。

ボトルドウォーター

ボトルドウォーターとは、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外のものとされています。

例えば、水道水やRO水、蒸留水などは「ボトルドウォーター」ということになりますね。

一般的なミネラルウォーター

それでは一般的に「ミネラルウォーター」とはどのようなものかと問われるとどう答えればいいでしょうか。

答えとすれば、「ミネラルウォーター」とは、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーターのことで、ボトルドウォーター以外の水のこととなるでしょう。

簡単に言えば、地下水を原水として容器に入っているものですね。

ウォーターサーバーの天然水

ウォーターサーバーでは、天然水とRO水が利用されています。

ウォーターサーバー各メーカーのホームページを見てみると、その天然水についての記載がありますね。

それではどのような点をチェックすればいいでしょうか?

チェック1 採水地

まずは採水地をチェックしましょう。

よく見かける採水地は、「富士山」「京都」「北アルプス」「南アルプス」「大分日田」「熊本阿蘇」などでしょうか。また「ハワイ」で採水された水もありますね。

それぞれ含まれている成分(ミネラル分)などに違いがありますので、自分の好みに合った採水地を選ぶといいのではないでしょうか。

チェック2 軟水か硬水か

次にその水が「軟水」なのか「硬水」なのかをチェックしましょう。

「軟水」と「硬水」は、含まれる「カルシウム」や「マグネシウム」などのミネラル分で分類され、WHO(世界保健機関)の定義では、硬度120以下が軟水、硬度121以上が硬水と分類されています。

日本で採水される多くの水は「軟水」となっており、水道水も軟水です。ですので日本人が慣れ親しんでいるのは軟水ということになりますね。

また、赤ちゃんはまだ胃腸や腎臓などが未発達なので、ミネラル分の多い硬水は負担となってしまいます。

ですので赤ちゃんの粉ミルクを作る水は、「軟水」を選ぶ必要が出てくるということですね。

チェック3 ミネラル分

また、ミネラル分がどれぐらい含まれているかもチェックしましょう。

特に「バナジウム」「ゲルマニウム」などの成分は、含まれている水が限られています。

例えば「バナジウム」は、富士山や阿蘇山で採水される水によく含まれており、「糖尿病」の予防効果があるのではないかと話題になり一時期ブームになったので、いまでも人気がある成分になっています。

このように特定のミネラル分を含んだ水を選ぶという方法もありますね。

チェック4 滅菌方法

そのほかには、滅菌(殺菌)方法もチェックするといいでしょう。

ミネラルウォーターは、加熱など何らかの方法で滅菌処理がされています。

ミネラルウォーターは加熱殺菌処理されているものが多いのですが、加熱殺菌をしてしまうと溶存酸素が失われ味が落ちるともいわれています。

ですので、加熱処理されていない水を好む方もいるようですね。

まあこれは完全に好みの問題になるのですが、どのような滅菌処理をしているかということをチェックするのもいいのかもしれないですね。

まとめ

天然水とミネラルウォーターの違いは分かりにくいですよね。

ミネラルウォーターは、農林水産省のガイドラインに沿って考えると、ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーターのことで、ボトルドウォーター以外の水で容器に入った水ということになります。

天然水は、上記のナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーターと考えればいいのではないでしょうか(正確な定義はないようです)。

ウォーターサーバーの天然水の選び方としては、「採水地」「水の硬度」「ミネラル分」「滅菌処理の方法」などをチェックするといいでしょう。

ウォーターサーバーでは、いろいろな天然水を選ぶことができます。自分の好みに合った天然水を選んでおいしい水を飲みましょう。