「ウォーターサーバーって解約金が必要になるの?」

ウォーターサーバーの解約金について心配している方は多いようです。確かに解約金は支払いたくないというのが本音ですよね。

ウォーターサーバーの解約金システムはどのようなもので、解約金を払わずに契約を解約する方法はあるのでしょうか。

解約金とは

そもそも「解約金」とはどのようなものなのでしょうか。

皆さんは携帯電話(スマホ)を契約していますよね。携帯電話は基本的に2年縛りで契約していることと思われます。

2年縛りとは、契約期間である2年以内に契約を解除したら、解約金を支払わなければならないというシステムですね。

解約金は違約金とも呼ばれることがありますが、同じものと考えていただければ結構です。

ウォーターサーバーの世界でも、携帯電話と同じように2年縛りや1年縛りといった、最低契約期間が定められていることが多いです。

もちろんすべてのメーカーではないのですが、この最低契約期間は多くのメーカーで定められています。

例えば2年縛り(2年の最低契約期間)のメーカーのウォーターサーバーを契約したら、2年以内にその契約を解約すると、解約金(違約金)が必要となってしまうということです。

解約金(違約金)の金額はメーカーによって異なっておりますが、5000円~1万円程度に設定しているメーカーが多いですね。

ウォーターサーバーを契約する際は、この解約金についても調べておく必要がありそうです。

解約金を支払わなくていい方法はあるの?

  • 解約金を支払わなくてもいい方法とは?
  • 乗り換えキャンペーンを利用しましょう!

 
私たち消費者側からすると、できれば解約金を支払わないでおきたいというのは当然の気持ちとなります。

それでは、解約金を支払わなくていい方法はあるのでしょうか。

まず一つ目に考えられるのは、2年間使い続けても大丈夫な安心できるウォーターサーバーのメーカーを選ぶということですよね。

ウォーターサーバーを満足して使い続けることができたなら、そもそも解約する必要はありませんからね。

ウォーターサーバーの世界は競争が激しく、数年で業務を停止してしまうメーカーも珍しくありません。

やはり大手メーカーのウォーターサーバーを選ぶことにより、安心して使い続けることができるのではないでしょうか。

二つ目に考えられるのは、乗り換えキャンペーンを上手に利用するということです。

実はウォーターサーバーのメーカーの中には、「乗り換えキャンペーン」を実施しているメーカーがあります。

「乗り換えキャンペーン」とは、他社メーカーのウォーターサーバーから自社のウォーターサーバーに乗り換えた時に、解約金を負担してくれたり、単純に5000円などの金額をキャッシュバックしてくれるという制度です。

この「乗り換えキャンペーン」を上手に利用すれば、実質的に解約金なしでウォーターサーバーを変更してしまうことができてしまいます。

もし上手に利用できたら、あまり一つのメーカーにこだわらずに、いろいろなメーカーのウォーターサーバーを数年ごとに利用できそうですね。

解約金はそれほど考える必要がないかも

  • 解約金だけでウォーターサーバー選びをせず、総合的に考えましょう。

 
ウォーターサーバーの世界では、解約金が普通に設定されていることが多いです。

しかし「乗り換えキャンペーン」を上手に使うことで、解約金を実質的に負担せずにウォーターサーバーを変更することはそれほど難しくありません。

そう考えるとウォーターサーバーを選ぶ際に、解約金を重視しすぎるのはあまりよくないのかもしれません。

ウォーターサーバーを選ぶ際は、

1.どのような水をつかっているのか?
2.電気代は安いか?
3.ウォーターサーバーは衛生的か?
4.毎月の維持費はどれくらいか?
5.デザイン性に優れているか?

 
などを総合的に判断する必要がありますね。

とくに、電気代が安い省エネタイプのウォーターサーバーはかなり毎月の電気料金がお得になりますので、ご利用を検討してみてはいかがでしょうか。

年間の維持費がかなりお安くなりますよ。