阪神大震災や東日本大震災では、断水して給水車もなかなか利用できない状況が数日間続きました。

そこで大きな災害が起こった時のために、数日間分の食料と水を備蓄しておくことが勧められています。

ではウォーターサーバーは、災害時の備蓄水としても利用できるのでしょうか?

停電でもウォーターサーバーは使えるの?

ウォーターサーバーは電気で動いています。冷水とお湯が利用できるのでもちろん電気が必要となります。

では停電になってしまった場合、ウォーターサーバーを使用することはできなくなってしまうのでしょうか?

回答としては、停電になったとしてもウォーターサーバーを使用することは基本的に可能です。

基本的にと回答したのは、水のタンクが下にあるサーバーやタッチボタンで給水するタイプのサーバーは給水に電気が必要となるので使用することができないのですが、通常の水のタンクが上にあるタイプのサーバーで停電時でも使用することができます。

タイプ サーバーの種類
使えるタイプ ・水のタンクが上にあるタイプのサーバー
使えないタイプ ・水のタンクが下にあるタイプのサーバー

・タッチボタンで給水するタイプのサーバー

ただ電気が使えないので、お湯や冷水を使うことはもちろんできません。

常温の水となってしまいますが、ウォーターサーバーを使用すること自体は問題なくできるということですね。

またウォーターサーバーを利用できなくとも水自体が備蓄されていればその水を飲むことは可能なので、定期的に配達してくれるウォーターサーバーは非常に災害に強いといえるでしょう。

水の備蓄はどれくらいしておけばいいの?

大きな震災が起こった場合、3日間は自分で食料と水を用意しなければならない事態に陥る可能性があるそうです。

日本は災害、特に地震災害が多い国なので、すぐに給水車などが来るというイメージがありますが、実際のところ大災害の場合、3日程度のタイムラグはやっぱり生じてしまうそうです。

現実として阪神大震災や東日本大震災などでは、水道・電気・ガスといったライフラインがダメージを受け、数日間食料や水が家庭に届かなかったというケースもありました。

ではどれくらいの水を備蓄しておけばいいのかというと、大人一人が一日に必要な水分が2リットル~3リットルといわれています。(食料から摂取する水分も含む)

4人家族だとすると、1日に8リットル~12リットルの水が必要ということになりますね。

ウォーターサーバーで利用される水の多くが12リットルタイプですので、12リットルのボトル(パック)を常に3本、合計36リットルを用意しておけば、備蓄水として災害のための備えにもなります。

36リットルというのはウォーターサーバーでは普通の備蓄量なのですが、ペットボトルで常に備蓄しておくと考えると結構な量となってしまいます。

2リットルのペットボトルでも18本、500mlのペットボトルだとなんと72本も備蓄しておかなければならないということになります。

ペットボトルだと毎回スーパーなどに購入しに行く必要がありますが、ウォーターサーバーは定期的に配達してくれるので、備蓄水の不足がおこらないのもメリットの一つとなりますね。

気をつけたい備蓄水の賞味期限切れ

ローリングストック法という方法をご存知でしょうか。

ローリングストック法とは、「日常的に非常食や備蓄水を食べたり飲んだりして、食べたリ飲んだりしたら買い足す」という行為を繰り返すことにより、常に家庭に新しい非常食や備蓄水を備蓄する方法のことです。

ウォーターサーバーは、自然にこのようなローリングストック法を使っているといえるので、災害時に非常に役立つのですね。

それではウォーターサーバーを備蓄水として利用する場合、水の賞味期限はどれくらいとなっているのでしょうか。

未開封時の賞味期限 6ヶ月(1年のものもあり)
開封後の賞味期限 約2週間(1か月のものもあり)

多くのウォーターサーバーでは以上のような賞味期限となっています。

災害時に停電になると、お湯や冷水が使えないので開封後できるだけ早く飲んだほうが好ましいと思いますが、4人家族だと1つの12リットル入りのボトル(パック)を1日~2日程度で使う計算になりますので、ウォーターサーバーの備蓄水の賞味期限については問題ないと考えていいでしょう。

まとめ

Q.停電でもウォーターサーバーは使えるのか?

A.通常の水のタンクが上にあるタイプのサーバーなら水の重み、重力を利用しているので停電でも利用できます。

Q.水の備蓄はどれくらいして量が必要なのか?

A.大人一人が一日に必要な水分が2リットル~3リットルなので、家族4人で1日に8リットル~12リットルの水が必要となる計算となります。ですので最低3日分24リットル~36リットル程度は備蓄しておきましょう。

Q.備蓄水の賞味期限はどれくらいなのか?

A.未開封の場合は6か月程度、開封後は2週間程度の賞味期限となっています。

阪神大震災や東日本大震災では、ウォーターサーバーを利用していた家庭の方々から、断水時でも水を飲むことができたので非常に役に立ったという声がたくさん上がりました。

日本は地震大国で、南海トラフの南海大地震や東海地震がいつ起こってもおかしくないといわれていますので、ぜひ備蓄水の準備をしておきたいものですね。