「ウォーターサーバーの衛生面は大丈夫なの?」

ウォーターサーバーを利用する上で、衛生面がきちんとされているかどうかについては知っておきたいことになりますよね。

天然水やRO水をおいしく飲むために、ウォーターサーバーの衛生面はどのようになっているのかについて調べてみました。

ウォーターサーバーの外部は自分でメンテナンス

ウォーターサーバー本体の外部(外側)については、自分自身で定期的に掃除をしてメンテナンスしておけば、衛生面の心配は全くないといってもいいでしょう。

ではサーバー本体の外部の掃除で気を付けなくてはいけない点は、どのようなところなのでしょうか。

蛇口付近をこまめに掃除

水が出てくる蛇口付近など水回りは、どうしても汚れがついてしまいます。

しかしながら数日に1度ぐらいの間隔で、定期的にきちんと掃除をしておけば全く問題はないでしょう。(もちろん毎日掃除したほうがいいことは間違いないです。)

具体的には、蛇口の周りをきちんとペーパータオルやふきんなどで掃除し、蛇口の中側(内側)も綿棒などでふき取っておくこといいでしょう。

蛇口周りはできれば毎日掃除をしたほうがいいのですが、最低でも数日に1度程度は掃除をする習慣をつけておいてくださいね。

受け皿の掃除も忘れずに

受け皿の掃除を忘れる方がまれにいます。受け皿も水に濡れていることが多いので、雑菌の心配がある個所になります。

多くのウォーターサーバーでは、受け皿を取り外すことができるので、取り外したのちに水洗いや拭き掃除などで綺麗にしておきましょう。

ボトル交換口

その他サーバー外部で注意したい個所といえば、水のボトルの交換口になります。

それぞれのウォーターサーバーで交換口に違いがありますが、ペーパータオルや綿棒などでボトル交換の際に拭き掃除をしておくことを忘れないようにしましょう。

ウォーターサーバー内部の掃除はどうするの?

それでは、ウォーターサーバー内部(内側)の掃除はどうすればいいのでしょうか。外部のように自分自身で掃除することは難しいですよね。

空気が入らない設計

ワンウェイボトルを使用

多くのウォーターサーバーは、サーバー内部に空気ができるだけはいらないように設計されています。

なぜサーバー内部の衛生面が悪くなるのかと考えると、空気と一緒に雑菌が入ってしまうからなのですね。

「それならば空気がサーバー内部に入らないようにすれば、雑菌も入らないのではないか」という考えに基づいて、空気が入り込まないように設計しているということです。

とくにワンウェイボトル(ワンウェイパック)と呼ばれる真空タイプのボトル(パック)では、ウォーターサーバー内部に空気がほとんど入らないように設計されています。

ですのでワンウェイタイプのウォーターサーバーでは、そもそも雑菌のもとになる空気が入らないように設計されているので安全性が高いということになりますね。

それではワンウェイタイプでない、いわゆる空気が「ゴボッ、ゴボッ」となってしまうリターナルボトルタイプのウォーターサーバーは安全性が高くないということなのでしょうか。

クリーンエアーシステム

空気が「ゴボッ、ゴボッ」となってしまうリターナルボトルタイプの多くのウォーターサーバーでは、ボトルの中に入る空気自体を浄化してしまうシステムを利用しています。

具体的には、内部に空気を取り込む際に空気清浄機などで使われるHEPAフィルターなどを利用することで、空気自体を浄化してきれいなものにするのですね。

空気に雑菌が含まれていなければ、内部の衛生面が安心できるということになります。

ワンウェイタイプのウォーターサーバーでも、クリーンエアシステムを利用しているものがあります。その場合は二重の安全対策がされているということですね。

内部クリーニングシステム

さらにウォーターサーバーの中には、内部をクリーニングするシステムが装備されているものがあります。

これらは「内部クリーニングシステム」「クリーンサイクルシステム」などと呼ばれているのですが、ウォーターサーバー内部に熱湯を循環させて雑菌の繁殖を防ぐというシステムになっています。

例えばコスモウォーターの「クリーンサイクルシステム」や、フレシャスの「セルフクリーン機能」などがあります。

コスモウォーター「クリーンサイクルシステム」

コスモウォーターの「楽々スタイルウォーターサーバー」では、1日に1回24時間ごとに、独自の3タンク構造のサーバー内部に熱湯を循環させることにより、雑菌が繁殖してしまうことを防止しています。

このような「クリーンサイクルシステム」で、サーバー内部を自動的にクリーニングすることにより安全性をより高めているのですね。

フレシャスの「セルフクリーン機能」

「サイフォンサーバー」

ボタンを押すだけでサーバー全体に温水を循環させるシステムが装備されています。温水を循環させることで雑菌の繁殖を防止することができます。

フレシャスによると3日に1度程度がクリーニングの目安となっているようです。

「デュオサーバー」

・オートピュアキープシステム
サーバー内の水を120時間ごとに自動で循環させることができます。

・フレッシュモード
ボタンを押すだけでサーバー内部に熱水を循環させることができます。

「デュオサーバー」では、2種類の「セルフクリーン機能」でサーバー内部の雑菌の繁殖を防止することができるのですね。

コスモサーバーやフレシャス以外にも、内部クリーニングシステムを搭載しているウォーターサーバーはありますが、この2つのメーカは、「ワンウェイタイプ」と「内部クリーニングシステム」を両立させているのですね。

業者によるメンテナンス

それでは「ワンウェイタイプ」や「内部クリーニングシステム」を採用していないウォーターサーバーは不衛生なのかというと、そういうわけではありません。

例えば「クリクラ」では、1年ごとにウォーターサーバーを業者がメンテナンスしてくれます。

メンテナンスといっていますが、実際は新しいウォーターサーバーに交換してくれるということです。

1年ごとにウォーターサーバーを交換してくれるので、内部の衛生面は安心できるといえるでしょう。

まとめ

ウォーターサーバーの衛生面について心配している方は、結構多いようですね。

ウォーターサーバー外部のメンテナンスについては、蛇口周りを綿棒やキッチンペーパーで定期的に掃除しておけば、問題ないと思います。

ウォーターサーバー内部のメンテナンスについては、「ワンウェイタイプボトル」と「内部クリーニングシステム」を採用しているサーバーなら安心ですね。

また、「ワンウェイタイプボトル」と「内部クリーニングシステム」を採用していなくとも、業者が1年や2年ごとに定期的にメンテナンス(サーバー交換)してくれるメーカーもたくさんあります。

このようにウォーターサーバーは、衛生面での安全性もきちんと考えられていますので、安心していいのではないでしょうか。