ウォーターサーバーを選ぶ際に、水の注文ノルマについて悩んでしまう方は多いです。

「毎月2本も水が飲めるのかな?飲めなかったらどうしよう。」

「やっぱりノルマなしのウォーターサーバーを選んだほうがいいのかな?」

実は水の注文ノルマがあるウォーターサーバーでも、お得にノルマなしと同じように利用できてしまう裏技があります。みていきましょう。

ノルマ回避の裏技を利用しましょう

  • 水の注文ノルマを回避する裏技とは?
  • スキップを上手に利用しましょう!

 
ウォーターサーバーの注文ノルマのあるメーカーを選んだとしても、ノルマを回避できる方法(裏技)があります。

それは、

スキップを上手に利用する。

ということです。

スキップを利用すると、水のノルマを気にすることなくウォーターサーバーを利用することも可能となります。

スキップとは?

そもそもスキップとは何なのでしょうか。

スキップとは、水の配送を1回止めることができる制度です。

ウォーターサーバーは、定期配送で水が送られてきます。

例えば毎月12リットルボトル2本と決めておくと、その後は毎月2本が定期的に送られてくるということです。

その水の配送を1回止めることを、スキップするというのですね。

ほとんどのウォーターサーバーメーカーでは、このスキップ制度を取り入れています。(スキップと呼ばないこともあります。)

このスキップ制度を利用することで、ノルマがあってもノルマなしと同じようにウォーターサーバーを使用することができてしまうのですね。

それではどのようにしてスキップ制度を利用すればいいのでしょうか。

スキップ制度で水の配送をストップしましょう

「スキップ制度って何か難しそう・・・」

そう感じている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。簡単です。

例えば、

1月 定期配送 2本
2月 スキップ
3月 定期配送 2本
4月 スキップ
5月 定期配送 2本
6月 スキップ

のように、1か月ごとに定期配送とスキップを繰り返すことで、実質的に毎月1本の水の使用となりますよね。

水の注文ノルマが設定されている場合でも、このようにスキップ制度を上手に利用すると、一人暮らしの方や、夫婦2人暮らしの方などあまり水を消費しない家庭でも、水のノルマを気にすることなくウォーターサーバーを利用できるということです。

スキップ制度は各メーカーによって多少の違いがあるのですが、多くのメーカーではスキップを2か月連続して利用すると、ペナルティーとしてサーバー利用料金が必要となったりします。

逆に考えると、上記のように定期配送とスキップを繰り返すならば、サーバー利用料金も必要なし、実質的に水の注文ノルマも気にする必要なしで、ウォーターサーバーを使用できるということですね。

スキップはどうすればできるの

スキップをする方法は簡単です。

ウォーターサーバーを契約すると、メーカーのウェブサイトから自分の注文履歴などが閲覧できる「マイページ」が利用できます。

この「マイページ」から、「次月の水の配送をスキップする」という項目を選ぶだけで、簡単にスキップできることがほとんどです。(メーカーにより多少の違いはあります)

インターネットで簡単にスキップできてしまうのですね。

また通常の場合、電話でもスキップを利用することが可能です。

メーカーのコールセンターに電話をして、「次月の水の配送をスキップします」と連絡するだけで、簡単にスキップすることができることがほとんどです。

メーカーによって多少の違いがありますが、基本的には上記の方法で簡単にスキップできます。

以上のように、スキップ制度を上手に利用することで、水の注文ノルマを気にすることなくウォーターサーバーを選ぶことができます。

水の注文ノルマだけでウォーターサーバーを選んでしまうと逆に損をしてしまうこともあるので、注意してウォーターサーバー選びをしてくださいね。