「ウォーターサーバーって便利だろうけど、デメリットはないの?」

確かにウォーターサーバーは天然水の温水・冷水が手軽に飲むことができるので便利なのですが、いいことばかりなのでしょうか。

前回は「ウォーターサーバーのメリット」についてみていきましたが、反対にウォーターサーバーのデメリットというものはどのような点があるのか調べてみました。

ウォーターサーバーはコストがかかる

ウォーターサーバーのデメリットの最大の点は、「コストが掛かる」ということです。

これはある意味仕方がないことなのですが、毎月一定のコストが必要になることは事実です。

それではどれくらいのコストが必要となるのでしょうか

必要なコスト

ウォーターサーバーを利用する上で必要なコストには、「水の料金」「サーバーレンタル料金」「電気代」があります。

「サーバーレンタル料金」は無料のメーカーと有料のメーカーがあります。

「電気代」は、月に1000円程度が目安になってくるでしょうか。最近はエコサーバーと呼ばれる、電気代が月500円程度に節約することができるタイプもありますね。

ウォーターサーバーを利用する上で最も必要となるコストは、「水の料金」です。

この「水の料金」がウォーターサーバーを利用する上でのほとんどのコストとなります。

水によってコストが違う

天然水とRO水

ウォーターサーバーで利用されている水は大きく分けて「天然水」と「RO水」に分けることができます。

「天然水」の正確な定義はないのですが、ナチュラルウォーターやナチュラルミネラルウォーターのように、富士山麓などある特定の地点から採水された水をろ過や加熱などの方法で殺菌した水のことですね。

まああまり難しく考える必要はなく、おいしい自然の水と考えればいいと思います。

RO水とは、逆浸透膜(RO膜)という0.0001ミクロンの細かい孔で出来たフィルターでろ過された水のことで、ほとんどの不純物を取り除いた純水に近い水のことです。

天然水とRO水の価格の違い

この天然水とRO水では、水の販売価格が違っています。

12リットル入りのボトルで、天然水の場合は1600円~1900円程度でしょうか。一方のRO水は1000円程度で販売されています。

一般的な家庭では、月に12リットル入りのボトルを2本~4本程度使用することが多いようです。

天然水だと、1本1800円で計算すると3600円~7200円のコストがかかるということになりますね。

RO水だと、1本1000円で計算すると2000円~4000円のコストがかかるということになります。

このように、ウォーターサーバーを利用する上で水の料金が必要となるのはデメリットの一つといえるでしょう。

まあこれは仕方のないことなんですけどね。

水の使用を飲用だけにすれば、月に24リットルの利用で充分に満足している家庭も多いようです。

月24リットルの使用ならRO水の2000円~天然水の3600円の料金でウォーターサーバーを使うことができます。

コストを抑えるならRO水

もしコストだけを考えるのなら、RO水を利用すればかなり節約ができます。

ただなぜRO水が安い価格設定になっているのかというと、その原水が水道水であることが多いからです。

RO膜(逆浸透膜)はほとんどの不純物をろ過することができるので、原水が水道水であっても天然水であっても、できあがるRO水に違いはあまりないでしょう。

しかしながら、せっかく水を購入して飲むのですから、できれば天然水を飲みたいですよね。

ご安心ください。

天然水を原水としたRO水を販売しているウォーターサーバーのメーカーもいろいろとあります。

天然水を安い料金で使用したいという方は、天然水を原水としたRO水を利用しているウォーターサーバーメーカーを選ぶといいのではないでしょうか。

RO水なら、月に2000円~3000円程度でウォーターサーバーを利用することができるので、コスト面の負担も非常に低くなります。

このコストと冷水・温水をすぐに使える便利さを比較すると、コストも一概にはデメリットといえないのかもしれないですね。

設置スペースが必要

ウォーターサーバーの設置スペース

ウォーターサーバーを利用するならば、必ず設置スペースが必要となります。

この設置スペースもウォーターサーバーを利用する上でのデメリットといえるかもしれません。

ウォーターサーバーを利用する前に、どこに設置するのかをきちんと考えておく必要があるでしょう。

コンパクトな卓上型のウォーターサーバーもありますので、設置スペースがあまりないという家庭では、卓上タイプのウォーターサーバーを利用するのもいいのではないでしょうか。

まとめ

ウォーターサーバーのメリットはたくさんありますが、デメリットももちろんあります。

ウォーターサーバーのデメリットは、「コスト」と「設置スペース」といえるでしょう。

「設置スペース」は、冷蔵庫ほど大きいわけではないので、工夫をすればそれほど問題とならないでしょう。

問題は「コスト」になりますね。

ウォーターサーバーは水を購入してサーバーを利用するというシステムなので、水の料金は必ず必要となってきます。

もしコストをあまりかけずにウォーターサーバーを利用したいという方は、RO水を利用してみてはいかがでしょうか。

RO水の原水は水道水であることが多いですが、天然水を原水としたRO水を提供しているメーカーもあります。

RO水でウォーターサーバーを利用する場合、毎月3000円程度の価格で使用することができます。

1日100円でウォーターサーバーを利用できるなら、コストの心配もそれほどデメリットになりませんからね。