「水ダイエット」が一時期はやりましたよね。いまでもこの「水ダイエット」に挑戦している方は多いのでしょうか。

とにかく「水ダイエット」はその名の通りに、「水」を飲むだけでやせることができるという非常に簡単な方法ですからね。

ダイエットは継続しなければ体重が減りません。継続するためには簡単な方法であることが大事です。

「水ダイエット」は簡単な方法ですので、結果が出ている方が多いということでしょうか。

ところでこの「水ダイエット」で飲む水は「水道水」でもいいのでしょうか。それとも「天然水」「ミネラルウォーター」などのほうがいいのでしょうか。

水ダイエットとは

水ダイエットとは

まず「水ダイエット」についてみていきたいと思います。

水ダイエットとは、水を飲むことで減量するという方法のダイエットです。そのままですね。もう少し詳しく見ていきましょう。

人間の体の約60%は水分で出来ています。胎児は体重の約90%、赤ちゃんは約75%が水だそうです。ちなみに年取るごとにその水分量は減っていき老人になると約50%になってしまいます。

60%というのは成人の水分量ですね。

現代人は、この水分量が少なくなりがちです。ですので水を体に補充してあげると体内の新陳代謝がよくなり、老廃物が体外へ放出されていきます。

また体全体に水分がいきわたることで体の基礎代謝がよくなり、痩せやすい体質へと変化してくるそうです。

「水ダイエット」を始めると便秘が解消したという話をよく聞きますが、これらも体の水分量が適切に保たれたれることで代謝が活発になったり、胃腸が活発になったりすることにより便通がよくなるということのようです。

水ダイエットで1日に飲む水の量は?

水ダイエットをする場合、1日にどれくらい水を飲めばいいのでしょうか。

人間は1日に、2リットル~2.5リットルの水分を尿や汗・呼吸などで体外に排出しています。

ですのでこの分だけ水分を補給してあげればいいのですが、食事からも毎日0・6リットルほどは水分を補給しているので、残りの1.4リットル~1.9リットル程度の水分を補給してあげればいいと思います。

また体重×0.3リットルという計算もあり、体重が60キロの場合は1.8リットルということになりますね。

一番簡単なのは、食事の前に250ミリリットル(コップ1杯)の水を飲むことです。

そうすると1日3食で合計750ミリリットルとなり、別個にお風呂の後の水分補給に250ミリリットル飲むならば、簡単に1日1リットルの水を飲むことができます。

あとは食事中や夜寝る前などに自然と水を飲む癖をつければ、1.4リットル~1.9リットルぐらいは無理なく飲むことができるのではないでしょうか。

食事の前にコップ1杯の水を飲むと、少し満腹感を感じることもできるので、食事の量を抑えることもできて一石二鳥ですよ。

水ダイエットの注意点

水ダイエットで絶対してはいけないことは、無理に水を飲むことです。

いきなり3リットルや4リットルもの大量の水を飲んでしまうと、水毒症になってしまう可能性があります。

ですので絶対に無理に水を飲むのではなく、少し水を飲む量を増やす程度にしておくことがいいでしょう。

水ダイエットの水は何がいいの?

少し前置きが長くなってしまいました。本題に移りましょう。

水ダイエットで飲む水は、「水道水」など、どのような水でもいいのでしょうか。

水道水で水ダイエット

水道水で水ダイエットをしてもいいのでしょうか。

大丈夫だと思います。日本の水道水は直接飲んでも安全な基準となっていますからね。ですので水道水で水ダイエットをしても問題はないと思います。

ただ水道水には、「塩素」「トリハロメタン」などが含まれており、「鉛」や「アスベスト」が含まれている可能性があります。

特に一番気を付けたいのは「鉛」です。

もし自宅の水道管が鉛管なら、朝起きてすぐの水に「鉛」が含まれている可能性があります。

ですのでそのような場合は、最初のバケツ1杯か2杯分ぐらいの水は飲まなように気を付けてください。

軟水と硬水

水には「軟水」と「硬水」があります。カルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が多く含まれている水が「硬水」、少ない水が「軟水」ですね。

日本の水道水は「軟水」で、日本の多くの天然水も「軟水」です。

硬水では「コントレックス」という海外のミネラルウォーターが有名ですよね。コントレックスで水ダイエットをする方がいるようですが、コントレックスは硬度が「1468mg/L」というかなりの「硬水」になります。

「硬水」は胃腸に負担がかかり下痢などの症状を起こすこともよくあります。

「コントレックス水ダイエット」でやせたと喜んでいたら、単純に下痢をして痩せているだけかもしれませんので、硬水で水ダイエットをする場合は注意してくださいね。

天然水で水ダイエット

天然水で水ダイエットをすることはどうでしょうか。

日本の「軟水」の天然水で水ダイエットをすることは全く問題ないと思います。

適度にミネラル分も補給できるので、体に優しい水ダイエットができるのではないでしょうか。

天然水のウォーターサーバーを利用して水ダイエットに挑戦している方もたくさんいるようです。

RO水で水ダイエット

RO水で水ダイエットをすることはどうでしょうか。

RO水とは、逆浸透膜(RO膜)という0.0001ミクロンのフィルターでろ過をした水のことです。

このRO水はミネラル分をほとんど含まない硬度0に近い軟水なので、体に優しい水です。

ですのでRO水で水ダイエットをすることは全く問題ないと思います。

ウォーターサーバーのRO水は、ミネラル分が後から添加されていることが多いですが、硬度は30程度の軟水が多いので、体に負担はないと思います。

まとめ

水ダイエットで水道水を飲んでも大丈夫なのでしょうか?

大丈夫だと思われます。日本の水道水は飲用しても安全な基準となっていますからね。

ただ水道水には「塩素」「トリハロメタン」「鉛」などが含まれていることがあります。

これらを避けたいと考える方は、天然水やRO水を利用して水ダイエットをするといいのではないでしょうか。