水道水には塩素が含まれていることは有名ですが、トリハロメタンが含まれていることはあまり知られていないかもしれません。

ただ最近はネットでいろいろな情報を得ることができるので、ひょっとしたらトリハロメタンについて知っている方も増えているかもしれませんね。

皆さんが一番知りたいことが、「水道水のトリハロメタンは飲んでも安全といえるのか?それとも危険なのか?」ということだと思いますが、トリハロメタンについて詳しく調べてみました。

トリハロメタンとは何なの?

水道水は塩素を使って消毒をします。水道水の塩素の危険性もいろいろな議論があるところなのですが、この塩素を投入して水を消毒・浄化する際にトリハロメタンという物質が生まれてしまいます。

もう少し詳しく説明をすると、飲み水の源流である川の水には植物が分解したときにできる腐植質というものや、生活排水から出る有機物が含まれています。

これらの有機物は塩素処理がされたときに、その塩素と化学反応を起こしある物質を生成します。そのある物質というのが「トリハロメタン」なのです。

トリハロメタンというといまいちなじみがないですが、クロロホルム (CHCl3) を聞いたことはあるでしょうか。

クロロホルムをかがせて眠らされたというように、良く刑事ドラマなどで出てくるものですが、麻酔薬にも使われていますね。

難しく言うとトリハロメタンは水素原子のうち3つがハロゲンに置換した化合物(ハロゲンを3つもっている化合物)で、クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムという有害物質を総称したものなのですが、クロロホルムをイメージしてもらえればいいともいます。

トリハロメタンは塩素消毒をする際に副産物として生成されてしまうことから、「消毒副生成物」と呼ばれています。

トリハロメタンを飲むとがんになる恐れがあるの?

問題はこのトリハロメタン(クロロホルム)が、IARC(国際がん研究機関)において発癌性があるかもしれない物質(ヒトに対する発癌性が疑われる (Possibly Carcinogenic))である「Group 2B」に選別されているということです。

IARCによる人に対する発ガン分類は、

Group 1:発がん性がある
Group 2A:恐らく発がん性がある
Group 2B:発がん性の恐れがある
Group 3:発がん性を分類できない
Group 4:恐らく発がん性はない

と分類されているのですが、その真ん中の「発がん性の恐れがある」というのはちょっと怖いですよね。

ここで反射的に「トリハロメタンには発がん性の恐れがある!怖い!もう水道水は飲めない!」などと単純に考えるのはよくありません。浄水器の訪問販売に騙されてしまいますよ。

実はトリハロメタンと同じGroup 2Bには「コーヒー」も分類(膀胱癌のみにおいて)されています。

さらに発がん性があるといわれる最恐のGroup 1には、「アルコール飲料」や「加工肉」が分類されています。

このように「アルコール飲料」や「加工肉」よりはましで、「コーヒー」と同じぐらいのリスクと考えてみると、トリハロメタンはそんなに怖くないかもと思えてくるのではないでしょうか。

ただそうはいっても発癌性があるかもしれない物質である限り、できれば避けたい物質といえるでしょう。

水道水はコーヒーよりも日常生活で頻繁に飲むケースが多いので、できる限りそのリスクは低減したいものです。

トリハロメタンを除去する方法はあるの?

それではトリハロメタンを除去してしまう方法はあるのでしょうか。

「安心してくださいありますよ」

トリハロメタンは、水道水を沸騰させることによって除去することができます。

ただここに大きな問題点があります。

トリハロメタンを沸騰させると、沸点である100℃に近づくにつれて水道水中のトリハロメタンの量がどんどん増えていき、100℃では従来の水道水の3倍以上にトリハロメタンの量が増えてしまします。

ですので沸騰直後に火を止めて水道水を飲んでしますと、トリハロメタンの量が増えた水道水を飲んでしまうという状況になってしまうのです。

そうならない方法として、沸騰した後もそのまま沸騰させ続けることによってトリハロメタンの量は減少していきます。

昭和55年の大阪市水道局の浄水場の煮沸テストというデータがあるのですが、これによると10分以上煮沸することでトリハロメタンは少しずつ減少し、50分でゼロになるようです。

ただこの大阪市水道局の浄水場の煮沸テストの元データが見つからなかったので、真偽についてはわからないというのが正直なところです。

また三重県のウェブサイトには、

「沸とうさせると、 トリハロメタンは気化して水中から除去することができます。このときに10分以上沸とうを続けてください。トリハロメタンは、沸とうして5分程すると一時的に水中濃度上昇しますが、さらに沸とうを続けると蒸発するため、除去することが可能です。5分程度で沸とうを止めてしまうと、逆にトリハロメタンが増加してしまうので注意が必要です。電気ポットでは、沸とう操作を数回繰り返すことで除去することができます。」

とあります。

その他にも美作市の実験データによると

「水道水のTHM(トリハロメタン)は,煮沸を続けることによって最終的には消失する。東京水道水試料では,煮沸後2分で未加熱水道水中の全THM濃度の0~33(平均14%),4分で0~10%(平均2%),6分で0~2%(平均0%)となり,4分でほぼ消失した。」

とあります。

これをみると短時間での煮沸でトリハロメタンが消失するようですが、どちらにせよトリハロメタンを沸騰により取り除くためには数分間水道水を煮沸し続けないといけないというのは事実のようです。

結局トリハロメタンは安全なの?危険なの?

トリハロメタンは安全か危険かと言われれば、危険な物質です。

しかし日本の総トリハロメタンの基準値は、生涯にわたり連続して摂取しても健康に影響が生じない水準である0.1mg/L(1リットルあたり1万分の1グラム)とされています。

またWHOの基準を見てみると「クロロホルム量 0.2mg/L」となっていますので、日本の総トリハロメタン基準値はそれよりも低い基準に設定されています。

ですので、100%安全とは言えないが健康に影響が生じない水準と考えていいでしょう。

まあそうはいっても、発がん性物質の恐れがあるものを毎日摂取するのはあまり気持ちのいいものではありません。

私自身はできる限りトリハロメタンを避けたいので、飲料水にはウォーターサーバーを利用しています。不安を感じる方は、天然水と煮沸した水道水を上手に使い分けて利用するといいのではないでしょうか。

まとめ

トリハロメタンとは何なの?
クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムという有害物質を総称で、塩素消毒による副産物として生成されてしまう物質である。

トリハロメタンを飲むとがんになる恐れがあるの?
IARC(国際がん研究機関)において発癌性があるかもしれない物質に区別されているが、アルコール飲料よりも危険性は低いとされているので、恐れすぎるのもよくない。

結局トリハロメタンは安全なの?危険なの?
日本の総トリハロメタンの基準値は、生涯にわたり連続して摂取しても健康に影響が生じない水準である0.1mg/Lとされています。ですので直ちに危険はあるといえませんが、不安のある方はトリハロメタンを含まない水・煮沸してトリハロメタンを取り除いた水をうまく利用しましょう。