「マンションの貯水タンクが汚いって聞いたことがあるけど本当なの?」

「うちの団地の貯水槽の水道水が衛生的に安全なのか心配だ」

このような貯水タンク・貯水槽の汚れやサビなど衛生面での不安を感じている方がたくさんおられるようです。

貯水タンクや貯水槽はどのような仕組みで、本当に汚いのか、清掃義務はどのように定められているのかなどを調べてみました。

貯水タンクの仕組み

貯水タンクとは

マンションや団地・アパートなど集合住宅では、貯水タンク(貯水槽・受水槽)が通常の場合に設置されています。

これは水道管の水圧だけでは2階~3階程度にしか水道水を送り出すことができないので、貯水タンクを設置して上層階にも水道水を送るために必要となってくる施設なのです。

しかし最近は送水技術の発達や増圧ポンプの利用により、直結給水方式という貯水タンクを利用しないマンションも増えてきているようです。

直結水圧方式のメリット

この直結給水方式だと、貯水タンクに一度水道水をためておく必要がないので衛生的であり、実際に東京都や福岡市など多くの自治体でこの直結給水方式への切り替えが推奨されています。

福岡市では、概ね10階程度までの主に共同住宅や事務所ビルへ、貯水槽を経由せずに直接、配水管から各ご家庭や事務所に“安全でフレッシュな水道水”をお届けできる「直結増圧式給水」をお勧めしています。

Q2:なぜ直結増圧式給水がいいの?

貯水槽式給水は定期的な清掃や点検が必要となり、また地震、大雨、台風後の点検なども必要となります。特に、地下式貯水槽(建物の地下にあるもの)の場合、大雨の後に水没し汚水が流入するなどの心配があります。直結増圧式給水だと、直接フレッシュな水道水が給水されるので安心です。

直結給水方式のメリットは、福岡市が広報しているように貯水タンクの衛生面でのリスクがなくなるということにあります。

逆に言うと、貯水タンクは衛生面でのリスクがあると考えられるということでしょうか。

貯水タンクのメリット・デメリット

貯水タンクのメリット

貯水タンクは一定の水をためているため、災害などで断水が起こった場合でも、貯水タンク内にためられている水を使うことができるというメリットがあります。

災害時はトイレの水などにも苦労するので、水が貯められているということはメリットになりますね。

それでは反対にデメリットはどのようなものになるでしょうか。

貯水タンクのデメリット

貯水タンクについては水道法で、「タンクの容量が10立方メートルを超える場合は、1年間に1回以上清掃・検査を行う義務がある」と定められています。

もしこの法律に違反して清掃・検査をしないと100万円以下の罰金が科せられるので、タンクの容量が10立方メートルを超える場合は、ある程度の衛生面での安全は担保されていると思われます。

「えっ、それじゃあタンクの容量が10立方メートルを超えない場合はどうなっているの?」と疑問を感じた方は多いでしょう。

そうなんです。問題はこの10立方メートルを超えない貯水タンクの衛生面なのです。

実は10立方メートルを超えない貯水タンクについては、清掃・点検・検査が自治体に任されているのが現状なのです。

自治体で貯水タンクの清掃・検査のための条例を作っていたらいいのですが、多くの自治体では「きちんと清掃・検査しましょう」程度のお知らせにとどまっているのですね。

正直なところ、これでは衛生面で安全であるということはできないと思います。

ここではあえて画像を掲載しませんが、貯水タンクの内部と検索して画像を見てみると、とても衛生面で安全であるといえる状況ではないことが理解できると思います。

ですので、10立方メートルを超えない貯水タンクがあるマンションやアパートに居住している方は、一度ご自分のマンションの貯水タンクの清掃・検査の状況をお調べになられてはいかがでしょうか。

貯水タンクの水をどのようにして飲むのか?

それでは、貯水タンクの水道水を安全に飲むにはどのような方法があるでしょうか?

浄水器を設置する

まず第一に浄水器を設置するという方法がありますね。

浄水器なら、一定の汚れや雑菌などを除去してくれるかもしれません。ただ浄水器にはいろいろな種類があり、どのような浄水器を選べばいいのか難しいですよね。

私がおすすめするならば、逆浸透膜を利用した浄水器ですね。

逆浸透膜というのは、雑菌やウイルス・放射性ヨウ素やセシウム・塩素・トリハロメタンなどの物質を除去してくれる非常に優れたろ過システムです。

逆浸透膜でろ過された水道水(貯水タンクにためられた水)なら、安心して飲むことができると思います。

ただ逆浸透膜を利用した浄水器は、その性能が高いほど高額になってしまうのが現実です。

さらにフィルターの交換が定期的に必要となるため、維持費も意外と必要となってしまいますし、ろ過をしていたとしても水道水を飲むのはあまり気が進まないという方も多いようです。

それではそのほかにどのような方法があるのでしょうか。

ウォーターサーバーを利用する

一般家庭でも多くの方が利用し始めているのがウォーターサーバーですね。

特に貯水タンクを利用しているマンションにお住まいの方には、ウォーターサーバーの利用者がたくさんいるようです。

ウォーターサーバーのメリットは、天然水(ミネラルウォーター)を毎日飲むことができるということですよね。

浄水器の水も悪くはないのですが、やはり水道水より天然水のほうがおいしく感じられます。

また天然水を定期的に宅配してくれるので、マンションにお住まいの方などは重いペットボトルの水を運ばなくていいので、その点も便利だという声が多いです。

ただデメリットとしては、ペットボトルの水を購入するよりも多少割高になってしまうということです。この点はやはりデメリットと言えるでしょう。

ウォーターサーバーは多少割高というデメリットと、温かい天然水や冷たい天然水がすぐ使える便利なものというメリットを比較してみるといいのかもしれませんね。

まとめ

マンションの貯水タンクは、衛生面での安全について疑問がよく持たれています。

タンクの容量が10立方メートルを超える貯水タンクは、水道法により1年間に1回以上清掃・検査を行う義務があるのですが、それ以下の貯水タンク(小規模貯水槽)については、自治体によって努力義務程度にされているのが現状です。

ですので、10立方メートルを超えない貯水タンク(小規模貯水槽)については衛生面の安全性にかなりリスクがあると考えられます。

マンションにお住まいの方は、貯水タンクの清掃・検査について調べてみてはいかがでしょうか。

マンションにお住まいで貯水タンクを不安に感じている方の多くは、浄水器やウォーターサーバーを利用しているようです。

上手にウォーターサーバーなどを利用して、お子さんなどご家族の安全を守りたいものですね。