「12、赤ちゃんのミルク作りにどう使っているのか?」

フレシャスデュオ(frecious dewo)を実際に使ってみた感想・体験談を、Kさんにレポートしてもらいました。ご参考にしてください。

赤ちゃんのミルク作りに最適

12-2

ウォーターサーバーを利用するようになって、一番楽になったと感じるのが赤ちゃんのミルク作りです。

サーバーがなかった頃とは比べものにならない程助かっています。

作り方はとても簡単です。

まず哺乳瓶にミルクを入れて、サーバーのお湯を150ccのメモリまで入れて軽く振ったら次に200ccまでお水を入れます。

後は乳首部分を付けてよく振れば出来上がりです。

時間にしても1分あれば出来るのではないかと思います。

丁度いい温度のミルクになるように、お湯に対しての水の割合を前もって確認しているので、熱すぎたりぬるいこともないです。

また、お腹を空かせて泣く子供を待たせることも少ないのでいいです。

私は子供が1歳を過ぎてからサーバーを使っているのですが、産まれた時から利用していたらよかったなぁとつくづく思います。

フレシャスがないころのミルク作りは面倒でした

沸騰

サーバーがなかった頃のミルク作りについても書きたいと思います。

まずお湯は、水道水を沸かしたものを保温効果のあるステンレスポットに入れて使っていました。

お水はミネラルウォーターを買って冷蔵庫に入れていました。

作り方は同じですが、ステンレスポットは電気ポットとは違って温度を一定にすることはできません。

少しづつ温度が下がるので1日に2.3回はお湯を入れ替えていましたが、それでもお湯は一定ではないので、大体の目安はありましたが、哺乳瓶に入れる時には多めのお湯を入れてからお水を入れていました。

そして丁度いい温度になるまで水道で冷やします。

この作業は面倒ですし時間もかかってしまいます。

そして冬場は氷のように冷たい水道水、夏場は冷たいとは言えない水道水で、なかなか哺乳瓶の温度が下がらず時間もかかりました。

お腹が空いてわんわん泣いてる娘を横目に慌ただしかったのを覚えています。

またステンレスのお湯を2.3回変えていましたが、やかんには沸かした麦茶が入っていることが多く、お鍋などでお湯を沸かしていました。

赤ちゃんのミルク作りにフレシャスデュオはおすすめです

12-1

今ウォーターサーバーがあることで、ステンレスポット、1日に2.3回沸かすお湯、ミネラルウォーターの冷蔵庫からの出し入れ、水道水で哺乳瓶を冷やす作業がなくなりました。

ボタンを押すだけです。

これから出産される方やまだまだミルクを作られる方には、必要な時期だけでもウォーターサーバーは大変お薦めです。

安全な美味しいお水で、とても楽にできますし、泣いている赤ちゃんを待たせなくて済みます。

面倒だなと思ってしまうと、ミルク作りをしないお男性もいるかと思いますが、お父さんも楽に作ることができるので、手の離せない時など頼めると思います。

我が家のパパも3人目の子供にして結構な回数作っていました。

もし、サーバー購入を迷われてる方は一度試してほしいと思います。