フレシャスデュオ(frecious dewo)を実際に使ってみた感想・体験談を、Kさんにレポートしてもらいました。

今回は、「3.エコ(省エネ)モードを使った感想」です。

エコモードで節電しています

3-1

フレシャスデュオのエコモード機能については、私自身かなり気に入っています。

我が家ではエコモード機能を、暖かくなってきた季節から常に使っています。

使い方もサーバー上部にあるボタンを3秒程押すだけなので操作も簡単です。

通常ですとお湯の温度が90度近くありますが、エコモードにすると70度前後になります。温度が低くなることで節電になるそうです。

ただ、一度エコモードにしてしまうと通常モードにするのがもったいなく感じてしまい、少しでも電気代を安くしたいと思ってしまい常に節電しています。

少しでも節約するのは、主婦として大事なことですからね。

ちょっと温度が低いのが難点・・・

9-2

うちでは一年中通して冷たいお水や麦茶などを飲んでいて飲み水として温かいものを飲むことはほとんどないのですが、コーヒーやカップスープなどは温度が低くすぎ、カップラーメンも作れません。

カップラーメンを作れないというのはちょっとマイナスポイントですね。(頻繁にコーヒーを飲んだり、カップラーメンを食べる人はエコモードを解除したほうがいいのかもしれないです。)

エコモードから通常に戻した時にどのくらいの時間で熱湯になるのか確認していないのですが、自分の中の予想で数分はかかってしまうのかなと思い、少量ならやかんの方が早いと思い熱湯が必要な時はやかんでお湯を沸かしています。

ウォーターサーバーを購入する前は全てこれでお水もお湯もと思っていましたが、たまのお湯沸かしも今まで日常的にしていたことなので全く苦になりません。

エコモードにすることでちょっとでもお金を節約できているので、これくらいの手間はしょうがないのかなと思っています。

その他には、赤ちゃんのミルク作りもエコモードで利用できるので助かっています。

赤ちゃんのミルクづくりは、70℃以上のお湯でする必要があるのですが、その温度はクリアできているので良かったです。

そもそも電力を消費しにくい仕組みになっているそうです

そしてフレシャスデュオはサーバー自体もエコ機能になっています。

他社のサーバーは大きなタンクで一度冷えた水を温水にすることで電力を消費してしまうということです。

フレシャスデュオは水とお湯のタンクが別れているので熱干渉がなくなって大きな節電になるようです。

確かに一度冷水になった水を再び沸騰させるのは、無駄ですよね。

電気代を節約できている理由はこの辺りにもあるのですね。

フレシャスデュオの電気代

3-2

電気代は他者と比較して最大で70%オフになると公式サイトにも載っています。

他社のサーバーの電気代が1000円前後に対しフレシャスデュオは330円から558円で、全てのエコモードをつけて300円少々。
これは安いですね。

購入の際に決め手になった一つです。

更に、sleep機能といって部屋が暗くなったら自動でキャッチしてヒーターの電源がオフになり自動節電モードになります。

この機能は本当に賢くて、部屋の電気が暗くなればお湯ボタンが緑色に変わり、明るくなれば赤に変わります。

携帯カメラのフラッシュの光でさえ一瞬で明るくなったと判断して赤色ランプに変わります。

フレシャスデュオは他社のどのサーバーよりエコ機能が優れていて、使いやすくどのサーバーより電気代が安いのがとても魅力です。

やっぱり長く利用するなら、電気代が安いほうがいいですからね。