「浄水器っていろいろと種類があってよくわからない」

このような浄水器についての疑問をよく聞くことがあります。確かに浄水器にはいろいろな種類がありますよね。

設置方法や大きさなども気になるのですが、やっぱり一番気になるところで、なおかつわかりにくいところといえば、その浄水方法=濾過方法ではないでしょうか。

濾過方法というとわかりにくいかもしれませんが、どのようなフィルター(ろ材)を使っているのかと考えていただければいいと思います。

浄水器はその濾過方法で、水道水に含まれる不純物をどれだけ濾過できるのか(浄水できるのか)が決定します。

浄水器には水道水を浄水するために、「どのような濾過方法があるのか?」そして「その濾過の効果はどのくらいなのか?」についてみていきたいと思います。

浄水器の濾過方法

浄水器は水道水をきれいにするため(浄水するため)に使うものです。

しかしその水道水をきれいにするための濾過方法については、多くの方に知られていないのではないかと思います。

いろいろなろ過方法がありますので、使われている濾過方法・ろ過フィルターについて一つずつ見ていきましょう。

不織布

不織布は、その名の通りに織ることなく作られた布のことで、繊維を絡ませて作られています。

赤さびなどの除去に効果があり、塩素やカルキなども多少は除去することができます。

多くの場合に活性炭などと組み合わせて、ろ過の第一段階によく利用されています。

濾過能力としてはそれほど高くなく、浄水効果は低いです。

活性炭

活性炭は、ろ過材として有名ですね。木炭やヤシ殻が材料となっています。

活性炭とは、炭を1000度近い高熱でさらに処理したもので、一般の炭よりも内部に細かい孔(隙間)がたくさんできています。

この細孔にいろいろな不純物を吸着することによって、濾過能力を発揮するのですね。

活性炭は多くの浄水器に利用されています。単純で安価なものなのですが、その濾過能力が高いために重宝されているのですね。

活性炭は、塩素・カルキなどの除去に大きな効果を発揮します。

トリハロメタンやトリクロロエチレン・細菌などの除去については、完全ではないもののそれなりの効果は発揮するようです。(これらの除去能力は活性炭の質にも左右されるようです。)

活性炭の使用で注意しなければならない点は、内部の細孔に塩素などの物質がたくさんたまり詰まってしまうと、それ以上の除去能力はなくなってしまうということです。

ですので定期的な交換が必要となり、交換しないと全くろ過材としての役目を果たさないということになってしまいます。

中空糸膜(マイクロフィルター)

中空糸膜とは、その名の通りストローのように中が空いた糸で作られたろ過フィルターのことで、内部の壁面には非常に細かい孔(隙間)があり、その中に不純物を閉じ込めることができます。

一端を閉じられたストローのような中空糸膜の中に水道水を通し、内部の壁面にある孔に不純物を閉じ込めることで浄水しているのですね。

中空糸膜は、細菌の除去に大きな効果を発揮します。その濾過能力は、0.1ミクロンまでの細菌を除去することができるようです。

しかし逆に言うと、0.1ミクロンよりも小さい物質は孔を通り抜けてしまうので、除去できないということになりますね。

イオン交換材

イオン交換材とは、ゼオライトのように特定の陽イオンや陰イオンを吸着して除去することができるもので、使われている物質(イオン交換材)によって除去できるイオンの種類も変わってきます。

例えばゼオライトは、放射性セシウムを除去できると話題になったことがありますよね。

イオン交換材は、ミネラル分や重金属の除去に大きな効果を発揮します。

逆浸透膜(RO膜)

逆浸透膜(RO膜)は、0.0001ミクロンの非常に細かい孔で作られたフィルターのことで、水道水に含まれているほとんどの物質(不純物)を除去することができる優れたろ過材です。

逆浸透膜は、塩素・カルキ・トリハロメタン・トリクロロエチレン・細菌・ウイルス・放射性ヨウ素・セシウム・農薬・ミネラル分など、ほとんどの物質の除去に効果を発揮します。

ウォーターサーバーで利用されているRO水も、この逆浸透膜(RO膜)でろ過をした水のことですね。

浄水器のろ過装置の種類

一般的な浄水器では、多くのろ過材を組み合わせてろ過装置を構成しています。

いろいろな組み合わせがあるのですが、濾過能力という点に着目すると、「逆浸透膜を利用している浄水器」「逆浸透膜を利用していない浄水器」の二つに分類できると思います。

逆浸透膜を利用している浄水器

逆浸透膜(RO膜)を利用している浄水器は、非常に濾過能力が高いです。

通常は逆浸透膜の前段階のろ過フィルターとして、「活性炭フィルター」「中空糸膜フィルター」などを組み合わせてろ過装置を構成しています。

逆浸透膜のメリット

この逆浸透膜(RO膜)を利用しているタイプの浄水器は、ほとんどの不純物を除去することができるので、非常に優秀な濾過能力を持っています。

ですのでできるだけ不純物を除去した水道水を飲みたいという方は、このタイプの浄水器を選ぶといいのではないでしょうか。

逆浸透膜のデメリット

1、価格が高い

逆浸透膜を利用した浄水器は価格が高いです。最近は比較的安くなってきているといっても、最低でも5万円は必要となってくると思います。

10万円~30万円といった高価な逆浸透膜タイプの浄水器も珍しくありません。

2、フィルターの交換費用が必要

逆浸透膜を利用した浄水器は、一般的に複数のフィルターを使用しているので、そのフィルターの交換費用も必要となってきます。

「活性炭フィルター」「中空糸膜フィルター」は通常1年ごとの交換、「逆浸透膜フィルター」は2年~3年ごとの交換が必要となってきて、フィルターの価格も各々数千円~1万数千円程度は必要となってきます。

3、水の出が悪い

逆浸透膜は、圧力をかけることにより逆浸透膜フィルターに水を通します。

ですので「じわじわ」としか水を通すことができず、その結果として蛇口から出てくる水も「チョロチョロ」と出てくるのみとなってしまいます。

それだとさすがに使い勝手が悪すぎるので、多くの逆浸透タイプの浄水器は、内部のタンクに一度浄水した水をためてから、それを利用するという方法をとっています。

しかし内部に貯めることのできる水の量も5リットル~10リットル程度のものが多いので、一度にたくさんの水を使うということは難しくなっています。

4、捨て水が出る

逆浸透膜フィルターに水を通すとき、多くの捨て水(排水)が出てしまいます。

例えば1リットルの水を作ろうとした場合、2リットル~4リットル程度の水が捨て水(排水)になってしまうのですね。

日本の水道水は安いので値段的にはそれほど気にする必要がないものなのですが、やはりたくさんの水を捨ててしまうことに「もったいない」という悩みを持つ方は多いようです。

このように逆浸透膜タイプの浄水器を使用する場合、多くの捨て水が出ることは覚悟をしておく必要があるでしょう。

逆浸透膜を利用していない浄水器

逆浸透膜を利用していない浄水器は、その濾過能力、浄水能力に疑問があります。

単純な塩素やカルキ程度なら除去することができますが、トリハロメタンや重金属、その他放射性物質の除去などを十分に除去するかと言われれば疑問があるところでしょう。

ですので私の主観になってしまいますが、もし浄水器を利用して水道水を飲むのなら、逆浸透膜を利用したタイプの浄水器を選んだほうがいいのではないでしょうか。

まとめ

浄水器にはいろいろなろ過材を用いたものがありますが、濾過能力に着目した場合、「逆浸透膜を利用している浄水器」「逆浸透膜を利用していない浄水器」に分けることができると思います。

「逆浸透膜を利用している浄水器」は、濾過能力が高いので、ほとんどの不純物を除去した水を作り出すことができます。

「逆浸透膜を利用していない浄水器」は、上記と比較してそれほど濾過能力が高くないので、多くの不純物が残った水ができます。

「逆浸透膜を利用している浄水器」は、非常に優秀なのですが、価格が高く、フィルター交換の費用も掛かるので、あまり一般家庭に普及しているとは言えないのが現状となっています。

そう考えるとウォーターサーバーなら、12リットルボトルのRO水1本が1000円程度の値段で利用できるので、こちらを利用するほうが効率的なのかもしれないですね。